“善男善女”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぜんなんぜんにょ87.5%
ぜんなんぜんによ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美濃紙八枚どり大に刷った大黒天像を二枚ひとつつみにし、しかるべき有縁無縁善男善女の家にひそかに頒布するもので、添書
そこで女はいら立たしいながらも、本堂一ぱいにつめかけた大勢の善男善女って、日錚和尚の説教にの耳を貸していました。
捨児 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
さうしてから取捨商量れないなものゝ一徹一圖んだ。もしくは信念善男善女の、知慧思議ばぬ精進程度崇高いだ。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)