“頒布”の読み方と例文
読み方割合
はんぷ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美濃紙八枚どり大に刷った大黒天像を二枚ひとつつみにし、しかるべき有縁無縁善男善女の家にひそかに頒布するもので、添書
暦本頒布もまだ十分でなかった時代から、掛軸や壁にるような絵像だけは、需要があったと見えて遠い田舎までも配られていた。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
昨年三月神祇院で印刷に附して関係者に頒布せられたが、今回書肆の請により同院の許しを得て新たに刊行したものである。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)