“絵像”の読み方と例文
読み方割合
えぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
暦本頒布もまだ十分でなかった時代から、掛軸や壁にるような絵像だけは、需要があったと見えて遠い田舎までも配られていた。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それはわたくし共に取りましては、命にも換えがたい大切の絵像でござります。この弁天堂もわたくしの一力で建立したのでござります。
半七捕物帳:33 旅絵師 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
閾際いて、音を立てぬように障子に手をかけて、一寸ばかりする/\と開けて見ると、正面に普賢菩薩絵像け、父はそれに向い合って寂然と端坐していた。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)