“日錚和尚”の読み方と例文
読み方割合
にっそうおしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで女はいら立たしいながらも、本堂一ぱいにつめかけた大勢の善男善女って、日錚和尚の説教にの耳を貸していました。
捨児 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
御承知かも知れませんが、日錚和尚と云う人は、もと深川の左官だったのが、十九の年に足場から落ちて、一時正気を失った、急に菩提心を起したとか云う、でんぼう肌の畸人だったのです。
捨児 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)