“和尚様”のいろいろな読み方と例文
旧字:和尚樣
読み方割合
おしょうさま60.0%
おしやうさま20.0%
をしやうさま20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鳥部野一片のとなって御法の風に舞い扇、極楽に歌舞の女菩薩一員増したる事疑いなしと様子知りたる和尚様随喜の涙をされし。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
つてを一んで出すと、から和尚様が出てまして
塩原多助旅日記 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)