“一員”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちにん50.0%
ひとり50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鳥部野一片のとなって御法の風に舞い扇、極楽に歌舞の女菩薩一員増したる事疑いなしと様子知りたる和尚様随喜の涙をされし。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
『しかし、其が奈何した。』と丑松は豆畠の間の細道へさしかゝつた時、自分で自分を激厲ますやうに言つた。『自分だつて社会の一員だ。自分だつてと同じやうに生きて居る権利があるのだ。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)