“いちにん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一人98.2%
一任0.9%
一員0.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
クラスごとに記念品を贈る委員なぞが出来たとき、殆ど一人いちにんもその募りに応ぜなかったものはないということである。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
晩唐ばんたう一代いちだい名家めいか韓昌黎かんしやうれいに、一人いちにん猶子いうし韓湘かんしやうあり。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「一体どうすりゃいいんです。艇長に万事ばんじ一任いちにんしますよ」
月世界探険記 (新字新仮名) / 海野十三(著)
極楽に歌舞の女菩薩にょぼさつ一員いちにん増したる事疑いなしと様子知りたる和尚様おしょうさま随喜の涙をおとされし。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)