“しとり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一人50.0%
倭文50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
来年母親さんがお出でなすったらり御相談申して、誰と言ッてもないけれども相応なのが有ッたら一人授けたいもんだ
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
なんでもを他人にしてお出でに違いない、糞老婆と思ッてお出でに違いない……此方はそんな不実な心意気のと知らないから、文さんも何時までもああやッて一人でもいられまいから
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
また美作久米郡倭文東村大字戸脇字悪多位は、アクタに作った居、すなわち邑落で、近江滋賀郡石山寺の附近の幄谷の地名は、かつて勅使参回の折に、を張った所ともいい
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)