“だれか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一人50.0%
夫己氏50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人だれかが云った。その語調には妙に咏嘆えいたんの意がぐうしてあった。自分はあまり突然のように感じた。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「あァ、あァ、それはね、夫己氏だれかのようにひどくはないが、でも、どうしてお宅の嫁にかないましょう。」
珊瑚 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)