“糞老婆”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くそばばあ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“糞老婆”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
全躰マアしとを何だと思ッておでだ、そりゃアお前さんのこったから鬼老婆おにばばあとか糞老婆くそばばあとか言ッて他人にしてお出でかも知れないが、私ア何処どこまでも叔母の積だヨ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
イイエそんな言訳は聞きません。なんでもあたしを他人にしてお出でに違いない、糞老婆くそばばあと思ッてお出でに違いない……此方はそんな不実な心意気のしとと知らないから、文さんも何時までもああやッて一人しとりでもいられまいから
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)