“くそばばあ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
糞老婆50.0%
糞婆50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
全躰マアを何だと思ッておでだ、そりゃアお前さんのたから鬼老婆とか糞老婆とか言ッて他人にしてお出でかも知れないが、私ア何処までも叔母の積だヨ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
なんでもを他人にしてお出でに違いない、糞老婆と思ッてお出でに違いない……此方はそんな不実な心意気のと知らないから、文さんも何時までもああやッて一人でもいられまいから
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
気が狂ったか、糞婆め。(庖丁を取り上げ、あさを蹴倒し、外にのがれ出る。どさんと屋根から下へ飛び降りる音が聞える)
冬の花火 (新字新仮名) / 太宰治(著)