“糞婆”の読み方と例文
読み方割合
くそばばあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
気が狂ったか、糞婆め。(庖丁を取り上げ、あさを蹴倒し、外にのがれ出る。どさんと屋根から下へ飛び降りる音が聞える)
冬の花火 (新字新仮名) / 太宰治(著)