“女人像”の読み方と例文
読み方割合
にょにんぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かくて与八が、再び抱き起して、作事小屋へ抱え込んだのは、グロテスクの本尊、悪女塚の女人像でありました。
大菩薩峠:35 胆吹の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
納屋の中にはストオヴが一つ、西洋風の机が一つ、それから頭や腕のない石膏女人像が一つあった。殊にその女人像は一面ににおおわれたまま、ストオヴの前に横になっていた。
悠々荘 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その蓋を取りけて、筒の中にあるものを探り出すと、それは紙質も判らないような古い紙に油絵具で描かれた一種の女人像で、異国から渡って来たものであることは誰の眼にもられた。
半七捕物帳:33 旅絵師 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)