“女人禁制”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にょにんきんせい33.3%
にょにんきんぜい33.3%
によにんきんせい33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天狗生活べたら、女人禁制禅寺男子禁制尼寺生活でも、まだどんなにも人情味たっぷりなものがありましょう。
寒空に月が凍りつくように光っている夜だったよ。私を山へ連れて登ってくれというのだ。私は比叡山女人禁制で女は連れて登るわけに行かないと断わったのだ。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
らん者と一に思ひしかば夫よりして秋葉山へ遙々と登しが本社は女人禁制なるゆゑ上る事ならず因て玉垣の外にてり居しに早晩夜に入ければいざや私が家へ戻らんとの道へ來るに茶店仕舞たるが在しにぞ是れ屈竟なりとの葉を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)