“搤”の読み方と例文
読み方割合
つか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここにその建御名方の神の手を取らむと乞ひして取れば、若葦を取るがごと、ぎて、投げ離ちたまひしかば、すなはち逃げにき。
また「いかにかねぎつる」と詔りたまひしかば、答へて白さく、「朝署に厠に入りし時、待ち捕へぎて、その枝を引ききて、につつみて投げてつ」