谷より峰へ峰より谷へたによりみねへみねよりたにへ
穂高岳より槍ヶ岳まで岩壁伝いの日誌(明治四十四年七月) 二十日松本市より島々まで馬車、島々谷を溯り、徳本峠を踰え、上高地温泉に一泊。 二十一日穂高岳を北口より登り、穂高岳と岳川岳(西穂高岳)の切れ目より、南行して御幣岳(南穂高岳または明神岳 …
作品に特徴的な語句
つけ あね 巨人ジャイアント かが たち さが とど もろも ますま 甃石たたみいし とつ とどこおり 廻廊ギャラリイ とも 陰欝メランコリイ うる まぎら 禿 くゆ うろ たぐ ひんがし まだ こた 大喰おおば かわ 足溜あしだ ゆら かさな 象徴シムボル はさ むし 藍瓶あいびん 阿房あぼう 雪崩ゆきなだ くず ゆあ うずた 湿うる もぐ あぶ 黒檜くろべ こぼ うご 翡翠かわせみ ぞっ 穿うが せば にじ つか おど とげ ひそ 私雨しぐれ 兀々ごつごつ むら うかが 晃々こうこう やみ 蒲田がまた 沿 つら 見徹みとお おど こご