“私雨”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
わたくしあめ75.0%
しぐれ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“私雨”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.1%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.3%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
山間の私雨わたくしあめといふ言葉は實に斯樣かういふのをいふのであらう。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
梅雨つゆばれの私雨わたくしあめや雲ちぎれ
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
また洲を伝わって行くと、山林局の立ち腐れになった小舎にぶつかった、川面が明るくなるかとおもうと、私雨しぐれがそぼそぼと降り出して、たとえば狭い室のうす明りに湯気が立って、壁にぼーッとあざが出来るように、山々の方々に立つ霧は
谷より峰へ峰より谷へ (新字新仮名) / 小島烏水(著)