“比目魚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひらめ90.0%
かれひ5.0%
ひもくぎよ5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は一生懸命に半七を突きのけて又逃げ出そうとするのを、背後からどんと突かれて、往来のまん中へ比目魚のように俯伏して倒れた。
半七捕物帳:68 二人女房 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
少焉して猫は一尾の比目魚へて来て、蘭軒の臥所に置いた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
松山峠を経二里久保田駅(一名久保市)なり。二十八町花岡駅。山崎屋和兵衛の家に休す。主人手みづから比目魚を裁切して蓼葉酢に浸し食せしむ。最妙なり。山路を経るに田畝望尽て海漸くる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)