“綿花”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
わた66.7%
めんか33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“綿花”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 医学 > 衛生学 公衆衛生 予防医学16.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その中の一つには、人間ひと背丈せいの三倍もあるやうな高さの綿花わたの木が見渡す限りはてしもなく繁つてゐる図があつた。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
蒲團ふとん中心なかわたあたらしくかはきたるものをたつとゆゑに、綿花わたかぎらずかま穗苗藁ほわら其外そのほかやわらかかはきたるものをえらぶべし。
養生心得草 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
そのかえりには鉱物と綿花めんかとをもってかえることになっているのだった。
幽霊船の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)