“綿糸”の読み方と例文
読み方割合
いと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
細き橋を渡り、ぢて篠田は伯母の軒端近く進めり、綿糸ぐ車の音かに聞こゆ、彼女は此の寒き深夜、老いの身のほ働きつゝあるなり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)