“甎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せん75.0%
かわら25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
支那建築木材との混用であるが、これもにおける木材比較的貧少であるのと、石材する材料豊富であるがためである。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
説教台のうへのささやかな典籍。これは弥撒書といふよりも、翻波式の平脱鏡。僧侶といふよりも、げてものの化仏。とんちんかんに並んだゐねむりとでも。——
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
あるいは例の消極的修養に必要な道具かも知れない。し或る学者が何とかいう智識をうたら、和尚両肌を抜いでしておられた。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)