“化仏”の読み方と例文
読み方割合
けぶつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
身長八十万億那由他由旬、……その円光の中に五百の化仏あり、一々の化仏に五百の化菩薩あり、無量の諸天を侍者とす、……また八万四千種の光明を
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
説教台のうへのささやかな典籍。これは弥撒書といふよりも、翻波式の平脱鏡。僧侶といふよりも、げてものの化仏。とんちんかんに並んだゐねむりとでも。——
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
思うても御覧じ、どうして、この始末のわるい人間が生身のまま化仏できよう。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)