霊魂第十号の秘密れいこんだいじゅうごうのひみつ
電波小屋「波動館」 みなさんと同じように、一畑少年も熱心な電波アマチュアだった。 少年は、来年は高校の試験を受けなくてはならないんだが、その準備はそっちのけにして、受信機などの設計と組立と、そして受信とに熱中している。 彼は、庭のかたすみに …
作品に特徴的な語句
はぶ とどま しょう 四方よつかた だん 恐慌きょこう おとず みい 瓦礫かわら 白衣はくい けん 謝罪しゃざい どき 昨夜さくや げん 甘味あまみ ことわ 眼前がんぜん かか 悪霊あくれい きず しょう 帰国きこく ぬの 聴衆ちょうしゅう 邪悪あく とも おお ちょう 消息しょうそく 清流せいりゅう 渦巻うずまき あたた 概略がいりゃく えん しお 一団いちだん かわ 明確めいかく あま 散乱さんらん 推移すいい ぬぐ いのり したが ちぢ 幻影げんえい まき 対岸たいがん 寛衣かんい 船橋せんきょう うば 藻類もるい 大風おおかぜ 執念しゅうねん ついや 名乗なの 人殺ひとごろ 何奴なにやつ 霊魂れいこん そう なか 退 凝視ぎょうし 主家おもや 瞬間しゅんかん 雑音ざつおん 申訳もうしわけ 異様いよう 痛感つうかん 療法りょうほう なお 白人はくじん 隆夫たかお すみ ぼん 盆地ぼんち たしか 関節かんせつ 立脚りっきゃく 窮屈きゅうくつ 神秘しんぴ 神像しんぞう 神々こうごう 祝賀しゅくが はば 短波たんぱ 陰気いんき 霊的れいてき おちい まぶた 硝子ガラス