霊魂第十号の秘密れいこんだいじゅうごうのひみつ
電波小屋「波動館」 みなさんと同じように、一畑少年も熱心な電波アマチュアだった。 少年は、来年は高校の試験を受けなくてはならないんだが、その準備はそっちのけにして、受信機などの設計と組立と、そして受信とに熱中している。 彼は、庭のかたすみに …
作品に特徴的な語句
はぶ とどま しょう 四方よつかた だん 恐慌きょこう 悪霊あくれい おとず みい けん 瓦礫かわら 白衣はくい 謝罪しゃざい 帰国きこく ぬの どき 昨夜さくや 聴衆ちょうしゅう しょう 邪悪あく 甘味あまみ ことわ とも きず 眼前がんぜん おお かか したが 消息しょうそく 清流せいりゅう 渦巻うずまき あたた ちぢ 概略がいりゃく 主家おもや えん 幻影げんえい しお 霊魂れいこん 人殺ひとごろ 一団いちだん そう まき かわ 何奴なにやつ 凝視ぎょうし 明確めいかく 対岸たいがん げん 寛衣かんい あま なか ちょう 散乱さんらん 退 船橋せんきょう 推移すいい 名乗なの うば 藻類もるい ついや 大風おおかぜ いのり 執念しゅうねん なお つづ つな 絶頂ぜっちょう 絢爛けんらん 結着けっちゃく 経由けいゆ 素因そいん 紅潮こうちょう 粛々しゅくしゅく こも 筋書すじがき 立脚りっきゃく 窮屈きゅうくつ 神秘しんぴ 神像しんぞう 無声むせい 狼狽ろうばい 爆死ばくし 燻製くんせい つばめ 煙突えんとつ 焦燥しょうそう 無言むごん 無礼ぶれい 無断むだん 深夜しんや おぼ