“立脚”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
りっきゃく66.7%
りつきやく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“立脚”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓6.2%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
寛懐かんかい俗情にもとらざるはなり、立脚りっきゃく俗情にちざるはかいなり」
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
脳波が存在するかどうか、本当のことは、ぼくは知らない。しかし脳波の話は、この頃よくとび出してくるじゃないか。でね、脳波はいかなる理論の上に立脚りっきゃくして存在するか、そんなことは今ぼくたちには直接必要のない問題だ。それよりも、とにかく短い微弱びじゃくな電波を受信できる機械を三木君の姉さんのそばへ持っていって、録音してみたらどうかと思うんだ。
霊魂第十号の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
〔譯〕寛懷かんくわい俗情ぞくじやうさかはざるは、なり。立脚りつきやく俗情にちざるは、かいなり。