“筋書”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すじがき53.8%
すじが15.4%
プロット7.7%
すぢがき7.7%
シノプセス7.7%
テーマ7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつもの例によれば、ここへ誰か遺族が顔色をかえて駈けこんでくるのが筋書だったが、どうしたものか何時までっても引取人が現れない。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
おわりには筋書きの進行につれてないたりわらったりするようになった。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
考えれば考えるほど、慄然となってくる。第一、この大芝居を仕組んだ作者というのは、けっして犯人自身ではないのだ。つまりその筋書が、あの五芒星呪文の本体なんだよ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「さうさ、自分のへた筋書通りの死にやうをしたのだ」
この物語は、かれロジェル&ギャレを主人公とし、私を傍観者とする、瑞西の山中サン・モリッツの冬の盛り場における、一近代的悲歌劇の筋書だからである。
踊る地平線:11 白い謝肉祭 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
運命のつけた題名と、運命の書いた筋書に、もつて行かれてしまふ場合もある。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)