“常並”の読み方と例文
読み方割合
つねなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
常並の人のには唾液を用ふれども、ちゞみの紵績には茶碗やうの物に水をたくはひてこれをもちふ。事毎ひ座をめてこれをなすなり。
「魚類は、あがりませぬゆえ、そのは、世の常並に」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
母はあまりのうれしさにかの男にもあはせんとせしに、いつか立さりけん見えずなりぬ。かくて娘四五日はなやみしがやがて常並になりけり。