“洗濯盥”の読み方と例文
読み方割合
せんたくだらい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今度はゆうべの松どんの話があるから、みんなも気をつけて見たが、まったくその着ている白装束は、たった今洗濯盥から引き上げたようにびしょぬれなのだ。
一日私は昼飯後、洗濯盥を力一ぱい蹴っとばして、底を抜いてしまった。私としては祖母の頭をりつける代りだったのだ。まだ飯を食べていた兄は箸をおくと飛んできて私に掴みかかった。
前途なお (新字新仮名) / 小山清(著)
あるいはその近所に不親切な女があって、旅人が水を求めると、そこの洗濯盥の水でも飲めといった。それでその家の井戸は今でもきたない泥水だというような、裏の話のついているのもある。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)