てあらひ)” の例文
その中央る、御機屋へてがごとく畏尊ひ、織人他人を入れず、織女別火し、御機にかゝる時は衣服をあらため、塩垢離をとり、ぎこと/″\く