“捷径”のいろいろな読み方と例文
旧字:捷徑
読み方割合
しょうけい47.5%
ちかみち42.5%
はやみち7.5%
せふけい2.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これに反して鰐博士は、むしろ子宮や乳房の自然退化を促進する方を捷径と見て、既に三十年をその研究にして来た権威者である。
わが心の女 (新字旧仮名) / 神西清(著)
不気味にい、魔の小路だというのに、が一人で、湯帰りの捷径んでは不可い。……実はこの小母さんだから通ったのである。
絵本の春 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
どんなに彼が風変りであるか、それを知るには、彼が私によく聞かせる夢の話を御紹介するのが捷径であろう。
不思議なる空間断層 (新字新仮名) / 海野十三(著)
而も人生の真相は半ば此夢中にあつて隠約たるものなり、此自己の真相を発揮するは即ち名誉を得るの捷径にして、此捷径に従ふは卑怯なる人類にとりて無上の難関なり
人生 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)