絵本の春えほんのはる
もとの邸町の、荒果てた土塀が今もそのままになっている。……雪が消えて、まだ間もない、乾いたばかりの——山国で——石のごつごつした狭い小路が、霞みながら一条煙のように、ぼっと黄昏れて行く。 弥生の末から、ちっとずつの遅速はあっても、花は一時に …
作品に特徴的な語句
おとっ しょう おい うららか かけ がり 灯影ともしび すき ぞい 蒸気いきれ ざあ きれ とざ むき にぎやか やわらか 僥倖さいわい 可恐こわ うがい おし かさな なまめ 漂泊さすら したし あやし せな たなごころ 黄昏たそが 不可いけな 目通めどおり すま 稀有けぶ ひよ うま ひま へだた 穿うが ひとり うらない とっ じっ ふさが 夥多おびただ 金子かね むご 酔払よっぱらい べに きよ そそ ながれ かすか 赤裸はだか 欄干てすり わか なが 裸身はだか なか きれ さぐ 捷径ちかみち ななめ 蘇生よみがえ 有余あまり 真先まっさき 真白まっしろ 真紅まっか 真赤まっか かわら 磯端いそばた つぶて ほこら 糠袋ぬかぶくろ 紅絹もみ かさ 絡繹らくえき かすり 絵解えとき 緋桃ひもも 習慣ならわし ひじ ふと 膚脱はだぬ 膚身はだみ ひざ つぼみ かすがい くま 陪臣ばいしん 附着くッつ かど 長閑のどか