“磯端”の読み方と例文
読み方割合
いそばた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
荒海の磯端で、肩を合わせて一息した時、息苦しいほど蒸暑いのに、と風の通る音がして、思わず脊筋も悚然とした。
絵本の春 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
波風まれて死人のようになつて磯端れてゐました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
磯端で、日くれ方、ちょっと釣をすると、はちめ(甘鯛の子)、阿羅魚が見る見るうちに、……などはしい。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)