“順番”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じゆんばん66.7%
じゅんばん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちやんはに三競技者が、その順番つたに、女王樣から死刑宣告されたとふことをきました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
津浪められた二階建三階建木造家屋は、大地震められた場合く、階下から順番れてく。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
ズウズウしい女達順番になった彼女を押のけてミシンを占領したりするので、彼様な処へは最早行くのはでござりますと云って、到頭女中専門になった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
くずれかかった煉瓦肥溜の中にはビールのようにがもりあがっています。さあ順番もう。
イーハトーボ農学校の春 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)