“倭名類聚抄”の読み方と例文
読み方割合
わみょうるいじゅしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蓑とは「雨衣」を意味すると『倭名類聚抄』などに記してある。または「草雨衣」とか「御雨草衣」などとも昔から説いた。
蓑のこと (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
天元五年の冬、其家は成り、其記は作られたが、其翌年の永観元年には倭名類聚抄の撰者の源は死んだ。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
古いところでは『新撰字鏡』や『倭名類聚抄』それから大分おくれて『伊呂波字類抄』などが、後々増補してほぼ現存の標準語の数をしているように見えるが
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)