“雨衣”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あまぐ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雨衣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——氷月の雪の枝折戸しおりどを、片手ざしの渋蛇目傘しぶじゃのめで、いて入るようにつまを上げた雨衣あまぐの裾の板じめだか、鹿子絞りだか、あの緋色がよ、またただ美しさじゃない、清さ、と云ったら。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)