“倭名鈔”の読み方と例文
読み方割合
わみょうしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肥前値賀美々良久の崎などもしくその一例であるが、是とよく似た構成をもつものは、『倭名鈔』以前からの諸国の郡郷名に多い。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
国郡郷名にも『倭名鈔』以前からのもので、よほどこじつけないと説明のならぬものに、これまた同様に二音のものが多い。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
いわゆるという地の下の地なり。大かた川添にて水入りの地に限りていうがごとし。『倭名鈔』に糞堆をアクタフというに同じかるべし云々。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)