“古井戸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふるゐど75.0%
ふるいど25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古井戸は、先住ものにふことありて其處しくなりぬとぞ。ちたる犇々としていなるのおもしをいたり。
森の紫陽花 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
さうして黄昏時におつぎはそれを草刈籠れて竹藪古井戸した。古井戸くしてい。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
さて、三太夫めて礼して、送りつつ、落葉につゝまれた、門際古井戸かせた。覗くと、……
雨ばけ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)