“井戸側”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いどがわ50.0%
いどばた25.0%
いどわき12.5%
ゐどばた12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丁度四歳の初冬の或る夕方、私は松や蘇鉄芭蕉なぞに其の年の霜よけをし終えた植木屋のが、一面に白く乾いたび着いている井戸側取破しているのを見た。
(新字新仮名) / 永井荷風(著)
「いくらきちがいだってお前、この寒いのに井戸側へ、水をかけて置きっ放しにしたんじゃえ死んでしまうじゃねえか」
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
お角は金助と入違いにこの部屋をして、土産物らしい風呂敷包を抱えて、廊下を歩いて縁側から庭下駄を穿いてカラカラと庭を廻って、井戸側から土蔵の方へと行きます。
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
二人はそれから田圃の中にある百姓家を訪れた。百姓家では薄汚い女房さんが、裸足のまゝ井戸側釣瓶から口移しにがぶがぶ水を飲んでゐた。