本所両国ほんじょりょうごく
僕は本所界隈のことをスケツチしろといふ社命を受け、同じ社のO君と一しよに久振りに本所へ出かけて行つた。今その印象記を書くのに当り、本所両国と題したのは或は意味を成してゐないかも知れない。しかしなぜか両国は本所区のうちにあるものの、本所以外の …
作品に特徴的な語句
たか たたかひ でう 出入しゆつにふ めい うるは 現世げんせい さう まへ いだ かさね さむらひ ひるがへ 何方いづかた しゆ 一場ひとば あひだ かへ いかめ 私娼ししやう がく わづか むら おも 上手じやうず 明日みやうにち おびやか 文様ふみさま 悪口わるぐち 愛惜あいじやく 上野うへの 見当けんたう 京極きやうごく ゑが 土蔵どざう 薄汚うすぎた あら 大砲おほづつ へさき ふな とも 住居すまひ 水田すゐでん 大平だいへい 往来わうらい 橋梁はしげた かへ まつた あが 円朝ゑんてう うしろ たづ けづ ぜん らく 禿かむろ 板囲いたかこ 真直まつすぐ 山河さんか 河童かつぱ にく 河岸がし 江東かうとう ことごと 本所ほんじよ 水苔みづごけ 水嵩みづかさ ばし 横町よこちやう しひ こずゑ 後世こうせい 所謂いはゆる 拍子ひやうし 提灯ちやうちん たふ いそが 日光につくわう 早桶はやをけ 并州へいしう 徘徊はいくわい 差支さしつか あした 松浦まつうら 待合まちあひ 岡本をかもと 工夫こうふ 朱鞘しゆざや
題名が同じ作品
本所両国 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)