“くらし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
生活55.7%
生計22.3%
活計14.4%
2.7%
家計1.5%
消光1.1%
日常0.4%
春秋0.4%
生活費0.4%
糊口0.4%
身代0.4%
鞍師0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生活向きの困難やら、種々なことを打ち明けてから、もしまた使って貰えなかったらたった一人の老母を見殺しにしなければならない
過渡人 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
彼女は自家で生計のための仕立ものをしながらその屋根裏の小部屋の抽斗の中にかくして、「ただ自分一人のために」小説をかきだした。
知性の開眼 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
その上清は湯の戻りに髪結の所へ回って頭をえるはずだそうであった。閑静な宗助の活計も、大晦日にはそれ相応の事件が寄せて来た。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そのおふくろが死んだので、後は娘一人のせ腕でございますから、いくらかせいでも、の立てられようがございませぬ。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
村に行わるゝ自然不文律で、相応な家計を立てゝ居る者が他人のの枝一つ折っても由々敷になるが、貧しい者はやそとのものをとっても、大目に見られる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
観ずれば松のも続いては吹かず息を入れてからがまじいものなり俊雄は二月三月は殊勝に消光たるが今が遊びたい盛り山村君どうだねと下地を見込んで誘う水あれば
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
世話女房の酌で一杯やるといつた無事な日常、世人も羨む位であつた。
名工出世譚 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
人間の春秋とは、かくまでも佗しいものか! ベンチに下駄をぶらさげたまゝ転がると、星があんまりまともに見えすぎる。
放浪記(初出) (新字新仮名) / 林芙美子(著)
「おや、人の家の生活費算盤をするなんて自分のものにもなりゃしないのに。莫迦莫迦しい、よそうよそう。」
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
それも多少は祖母を引うけた家から扶助でもらって僅かに糊口を立てていたので、お秀の給料と針仕事とでは三人の口はとても過活されなかった。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
殺すことは古今の強惡なり始終は白刄と成べし必定々々此後は屹度止られよと云たることも三五郎から聞たるぞ今では汝れも大造身代に成たに付昔しので三五郎も一年越の不仕合故度々無心には行しが都合惣計金八十三兩たに相違は無しサア/\此方からして盜人上前
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見ると、それも一と理窟ですがね。——鞍師辻萬兵衞が裝束も改めず、書置も殘さず、あのの良いのが怪し氣な寢卷を着て、湯呑で毒を呑んで死ぬなんざ變ぢやありませんか、親分