籠釣瓶かごつるべ
次郎左衛門が野州佐野の宿を出る朝は一面に白い霜が降りていた。彼に伴うものは彼自身のさびしい影と、忠実な下男の治六だけであった。彼はそのほかに千両の金と村正の刀とを持っていた。享保三年の冬は暖かい日が多かったので、不運な彼も江戸入りまでは都合 …
作品に特徴的な語句
すげ しゅう しも かぶり づら しん なか くく 気質きしつ 水谷みずのや 幇間たいこ かげ 彼女かれ 人形ひとがた つく だい ぶし のび すそ いや せん みつ 禿かむろ ふり 身代みのしろ 歳暮くれ つづ 細紐しごき こま 宿しゅく いえ たな やす 奴僕しもべ 後日ごにち 糊口くちすぎ 行燈あんどう よぎ しら 在所ざいしょ から きたな おと いや 名代みょうだい 白痴こけ 古河ふるかわ 身請みう 手負てお ちょう 田面たづら つね 田地でんぢ 浅薄あさはか がん くも 焼刃やいば 阿兄おあにい つぐの あに つら ゆる ほろ つか 長年ちょうねん こん あらた さぐ せつ だま 一目いちもく 生命いのち すが 粉炭こなずみ 編笠あみがさ 粗相そそう ほのお 緞子どんす 素人しろうと あお 気色けしき 浮橋うきはし 治六じろく 流連いつづけ