“新吉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しんきち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“新吉”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
トッテンカンの新吉しんきちは、いよいよ、病気のきえちゃんに代わって、竹のぼりの芸当げいとうをすることになりました。
曲馬団の「トッテンカン」 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
新吉しんきちとわか姉さんは、きえちゃんに取りついてきました。新吉は泣きながら団長だんちょうに食ってかかりました。
曲馬団の「トッテンカン」 (新字新仮名) / 下村千秋(著)