“肝魂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きもたま37.5%
きもたましい25.0%
きもだま25.0%
きもたましひ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「が、申しておく、あの服折や兜は、申さば中村新兵衛の形じゃわ。そなたが、あの品々を身に着けるうえは、われらほどの肝魂を持たいではかなわぬことぞ」
(新字新仮名) / 菊池寛(著)
Aの帽子をね飛ばしたのでイヨイヨ肝魂も身に添わなくなったAは、それこそ死に物狂いの無我夢中になって、夜となく昼となく裸体女の幻影に脅やかされながら
キチガイ地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
肝魂泥亀が、真鯉緋鯉と雑魚寝とを知って、京女の肌をて帰って、ぼんやりとして、まだその夢の覚めない折から。……
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
煙は中天に満々て、炎は虚空にもなし。りに見奉れる者、更にず、遥に伝聞く人は、肝魂を失へり。法相三論の法門聖教、て一巻も残らず。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)