“肝腎要”の読み方と例文
読み方割合
かんじんかなめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肝腎要の茂右衛門の行き方が、らいでは相手のおさんも、その他の人々もどう動いてよいか、思案の仕様もないことになる。
藤十郎の恋 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「折角、日本左衛門という大きな獲物が、に掛るか掛らないかとしている、肝腎要な危機一髪です」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
心経の二字について 次に『心経』ということでありますが、ここで「心」というのは、真髄とか、核心とか、中心とか、いったような意味で、つまり肝腎要ということです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)