“きもたましひ”の漢字の書き方と例文
語句割合
肝魂100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
煙は中天に満々て、炎は虚空にもなし。りに見奉れる者、更にず、遥に伝聞く人は、肝魂を失へり。法相三論の法門聖教、て一巻も残らず。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)