火星兵団かせいへいだん
もはや「火星兵団」の噂をお聞きになったであろうか! ふむ、けさ地下鉄電車の中で、乗客が話をしているのを、横からちょっと小耳にはさんだとおっしゃるのか。 ——いや全く、こいつは冗談じゃないですぞ。これはなにも、わしたち科学者が、おもしろ半分に …
作品に特徴的な語句
がかり つた ゆるし いず かたわ もと まっと 刺貫つら 地響じひび おそろ くら あた 弓形ゆがた うたぐ わし つと 取手とって 口吻こうふん うな ぶくろ 囚人しゅうじん 夜更よふけ ひさし いくさ 捕虜ほりょ 新田にった 明日あした よう 毒気どっき 玉葱たまねき 生捕いけどり 腕利うできき つれ 一方ひとかた 一旦いったん 万物ばんぶつ 下立おりた 不審ふしん 丸木まるき 人跡じんせき 仮定かてい 佐々さっさ 何時いつ にわか 先途せんど 凱歌がいか 化物ばけもの 千蔵せんぞう 南瓜かぼちゃ 厄介やっかい しか 呼吸いき つば 土管どかん 地底ちてい 地響じひびき 垂木たるき かたまり ちり ほか 外套がいとう 大人おとな 大壜おおびん 大童おおわらわ 大蛸おおだこ 天蓋てんがい しかばね 岩層がんそう しま いわお ともえ 巻尺まきじゃく 師弟してい 度々たびたび 彗星すいせい 彼我ひが 怪力かいりき 悪人あくにん 情心なさけごころ した 手懸てがか 撃方うちかた 撃落うちおと 新手あらて 曲者くせもの 最期さいご 松露しょうろ さく 格闘かくとう 梯子はしご 椿事ちんじ 横柄おうへい 檣楼しょうろう おり