“大壜”の読み方と例文
読み方割合
おおびん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
スープの前に持って来はせまいと思っていると大コップへナミナミ注いで来てスープの出ない前にビールの大壜を二本明けたのに驚いたね。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
ふられたかした赤羅紗の外国士官どもが、の細いステッキを膝に挟んで、強烈なウスケの大壜喇叭飲みにつかみ、から俥の上へ、手わたしに飲み廻しながら銀貨の音で
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あのう、ボロンの大壜を二、三本売ってくれませんか」
火星兵団 (新字新仮名) / 海野十三(著)