“巻尺”の読み方と例文
旧字:卷尺
読み方(ふりがな)割合
まきじゃく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“巻尺”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
火炉かろのむしろに腰をかけて、仲よしの二人は久しぶりに向きあった。東京から買って来たお土産の分度器ぶんどき巻尺まきじゃくが五助をたいへんよろこばせた。
雪魔 (新字新仮名) / 海野十三丘丘十郎(著)
「それはほかでもない、わしが持っていた長さ五十メートルの長い巻尺まきじゃくじゃ」
火星兵団 (新字新仮名) / 海野十三(著)