“情心”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なさけごころ66.7%
じょうしん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“情心”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
博士の言葉は、みじかいうちにも、あたたかい情心なさけごころがこもっていた。
火星兵団 (新字新仮名) / 海野十三(著)
火星人は、情というものを全然知らないようである。情心なさけごころは、動物だけにあるもので、植物にはないのだ。この前火星人丸木は、銀座で平気で、人殺しをやったではないか。
火星兵団 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「はてな……」と好色な孫兵衛は、もう情心じょうしんの闇に好きな痴蝶ちちょうを舞わせて、勝手な想像を心の奥でたくましゅうする。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)