“多情仏心”の読み方と例文
読み方割合
たじょうぶっしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この日課を始めた時、僕はまず「破戒」を読んできかせました。次に「多情仏心」を。父はいずれもがって聴きました。しかし父は自分から求めることはしません。いつも僕が押しつけるのです。
わが師への書 (新字新仮名) / 小山清(著)