“仏心”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぶっしん45.5%
ほとけごころ45.5%
ほとけごゝろ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いやさ改心して頭髪を剃こぼち、麻の法衣に身をし、仏心になると云ったではござらぬか、その仏に仕える者が繊弱い婦人をの如く縛って置くをなぜ止めん、なぜ助けん
俺はそう呟いて、いやいや、今夜というのを延ばしただけだと俺は俺の仏心を押しつぶした。今夜はカンベンしてやろう。今夜だけ見のがしてやる。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
真実の仏心になりましたから、山三郎も江戸屋半治もを折って、粥河圖書の様子をみている所へ、ばた/\と高張提灯を先に立てまして駈けて参ったのが江戸屋半五郎