“仏心”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶっしん57.1%
ほとけごころ28.6%
ほとけごゝろ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“仏心”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸6.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
新吉はもう誠に仏心ぶっしんと成りまして、
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
時によりものによって、さかなの方が野菜ものより安価なことのある今日とは、うおの相場が大変違うので、大勢の人をつかう大家内では、巾着と相談の上から考慮された仏心ぶっしんであったかもしれないが
お延は妖婦に似もやらず、いつにない仏心ほとけごころを起して、しみじみとつぶやいていた。小六はせせら笑って、
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仏心ほとけごころのある男とみえて、かたく妻にいいつけた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と血に染った手を合して山三郎に向って合掌して、真実の仏心ほとけごゝろになりましたから、山三郎も江戸屋半治もを折って、粥河圖書の様子をみている所へ、ばた/\と高張提灯を先に立てまして駈けて参ったのが江戸屋半五郎、お蘭の手を引いてつか/\と来まして、